メインコンテンツへ

教育研究上の目的と3つのポリシー

青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻電気電子工学コースの教育研究上の目的と3つのポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

回路系から情報通信系、材料・物性系まで広い研究分野の研究室がそれぞれ大学院生を受け入れている。技術者、研究者を目指す者として、現代社会の基盤を支えるエネルギー分野、計測・制御分野、情報・通信分野、電子デバイス分野、材料・物性分野、またそれらの関連分野を対象に学習、研究を進めている。研究指導を重視し、それらを通じて自ら考える能力、発見能力、問題解決能力の育成に努める。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

電気電子工学コースは、以下のような能力・意欲等を持った入学生を求める。

  1. 電気電子工学関連の電気電子材料、情報処理通信、計測制御、電力変換、生体・電子応用等の各専門分野における基礎力を有すること。
  2. 先端科学技術の発展に十分寄与できる豊かな人間性と、広い視野と、専門的な学識を持つ優れた研究者・教育者・職業人になれるよう努力が出来ること。
  3. 技術者・研究者として社会への奉仕と学術・教育の発展に貢献し、かつ高い倫理観を身につけることに意欲のあること。
  4. 博士後期課程においては、博士前期課程において電気電子工学関連の高度な専門知識を獲得し、電気電子工学分野の研究者として高い研究遂行能力を身につけていること。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

博士前期課程

カリキュラム体系
特色

コース基幹科目(8単位)を中心に各自の到達レベルを明確に認識する体制を整え、各学生に対し、主指導員と副指導員からなる3名指導体制を導入している。

博士後期課程

カリキュラム体系

博士論文の制作を中心とし、(1)学位論文の内容が博士の学位に値すること、(2)質疑における回答の内容が博士の学位に値すること、(3)研究業績が博士の授与にあたいすること、(4)博士の学位の授与に値する人物であること、を指導するカリキュラムとしている。

特色

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

博士前期課程

電気電子工学コースは、以下の要件を満たす学生に対し、「修士(工学)」を授与する。

  1. 電気電子工学関連の電気電子材料、情報処理通信、計測制御、電力変換、生体・電子応用等のいずれかの分野において独力で研究を推進可能な専門知識と洞察力を有すること。
  2. 先端科学技術の発展に寄与できる人間性と広い視野持つ研究者・教育者・職業人になれる基礎力を有すること。
  3. 修士論文の内容が修士の学位に値し、かつ修士の学位に値する高い倫理観を身につけていること。

博士後期課程

電気電子工学コースは、課程博士および論文博士ともに以下の要件を満たす学生に対し、「博士(工学)」を授与する。

  1. 研究業績および学位論文の内容が博士の学位に値すること。
  2. 予備審査および博士論文発表会における質疑に対し回答の内容が博士の学位に値すること。
  3. 先端科学技術の発展に寄与できる人間性と広い視野持つ研究者・教育者・職業人になれる能力を有すること。
  4. 博士の学位の授与に値する人格および倫理観を有する人物であること。


学部・大学院