メインコンテンツへ

履修モデル・主要科目の特長

法学研究科公法専攻の履修モデルと主要科目の特長をご紹介いたします。

履修モデル

主要科目の特長(博士前期課程)

科目名 特長
コアコンテンツ科目:
公法総合演習
公法分野を研究対象とする複数の教員が一つの研究テーマを定め、それぞれの専攻領域からオムニバス形式で講義を行い、広い視野からの分析を行う。
コアコンテンツ科目:
研究方法論ⅠA
1年生に対し、事実上の必修科目として、法学文献検索の方法および外国法の初歩を講義する。
コアコンテンツ科目:
研究方法論ⅠB
研究方法論ⅠAをふまえ、参加者が主体的に選んだ判例ないし文献について、掘り下げた報告を行い、関係教員を交えて討論する。
プログラムコンテンツ科目:
各専門分野に関する研究
公法分野には、応用・展開科目が数多く存在する。各院生の専門分野に応じて、憲法、刑法、刑事訴訟法、国際法、国際刑事法、国際人権法、税法、行政法、社会保障法、法哲学、言論法、政治学、日本政治思想史の各科目が用意されている。
プログラムコンテンツ科目:
外書講読、アメリカ法、フランス法、ドイツ法、中国法の研究・演習
各法の研究には、比較法が欠かせない。そのためには、各分野の法律文献を、外国語で読解できることに加え、比較法的素養が必要である。それらの能力を習得するために用意された科目である。
プログラムコンテンツ科目:
客員教員講義
年度ごとに招聘する外国人研究者による講義。外国語で行われる。集中講義の形式で、担当教員の問題意識に沿ったその時々の重要テーマについて、ディスカッションを豊富に取り入れて進められる。
イシューコンテンツ科目:
ワークショップ
各分野、専攻の垣根を越え、特定のイシューについて、特定の研究目的・成果を設定し、複数の構成員=発起人が集まって、一定の期間内で研究教育活動を行う。現代的なテーマに対して、一定の期間内で、成果をあげる。
プログラムワークコンテンツ科目:
公法専攻研究指導
誰でも履修できる他の科目とは異なり、指導教員がその指導する院生のみを対象に、充実した修士論文の作成を目指して、2年間個別指導を行う。


学部・大学院