メインコンテンツへ

教育研究上の目的・アドミッションポリシー

青山学院大学理工学部の教育研究上の目的とアドミッションポリシーをご紹介いたします。

教育研究上の目的

理工学部は以下の方針に従い、各学科の自由闊達な取り組みのもと、教育及び研究の充実を図ることを目的とする。

  1. キリスト教主義大学の特徴である人格教育に特に留意し、社会に対して深い使命感を持つ人間の形成につとめる。
  2. 豊かな教養、広い視野、公正な判断力を持った科学者、技術者を育成するため、総合された偏りのない教育の実現を目指す。
  3. 今後の学問、技術、経済の国際交流と発展を考慮し、青山学院の伝統である外国語教育を重視する。
  4. 専門教育においては、科学・技術の急速な進歩を考慮して、最先端を視野にいれながら、普遍的な教養を身につけさせることを重視する。
  5. 最先端の研究を実施することによって、人類福祉に貢献する、問題発見・解決能力の高い人材を育成する。
  6. これらの実現のために、教育並びに研究においては、学科相互の協力、大学を取り巻く社会との協力を緊密にして幅広い活動を可能とする。

アドミッションポリシー(入学者受入れの方針)

理工学部の教育研究上の目的にそって、以下のような能力と意欲を持つ入学者を求める。

  1. 理学、工学およびその複合分野に興味があり、これらの分野の専門知識や専門スキルを活用して社会に貢献しようとする人
  2. 広い視野と公正な判断力を獲得するため、専門分野に加え幅広い学問領域(キリスト教、人間、社会、自然、歴史など)について学ぶ意欲のある人
  3. 専門分野を学ぶ上で必要な基礎学力を有する人
  4. 授業における討論、研究室での輪講、学内の各種イベントなど、何事にも協調性を持ちながら積極的に取り組む人

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院