メインコンテンツへ

教育研究上の目的

青山学院大学社会情報学部の教育研究上の目的をご紹介いたします。

教育研究上の目的

社会情報学部は、人文科学、社会科学と情報科学を融合させ、従来の文系、理系の枠に捉われない多角的な視点から現代社会の問題点をえぐり、その問題解決を自らが図ることのできる高度な人材養成を目的とする。 すなわち、従来の専門領域が対象とする人間・社会・情報の各分野に対して、それらが複雑に絡み合う分野を専門領域とし、これら三分野に共通する基盤教育と、①社会・情報、②社会・人間、③人間・情報という新しい3種類の専門領域における問題解決への新たな取り組みを目指すものである。
本学部では、これら3つの専門領域に対応させた社会・情報コース、社会・人間コース、人間・情報コースを設置することで、以下のような人材を育成する。
人と人、社会と人のコミュニケーションのあり方や組織の設計、組織における意思決定や知識の有効な活用法、経済活動そのものやそれがもたらす人間社会への問題の解明、経済活動と直結した人間心理の解明、企業や政策そのものやそこにおける人的要素の解明、そして知識基盤社会やそれが人間に及ぼす影響の解明ができる人材を養成する。
理論と実践に基づく情報技術を駆使して大量データの分析を行うことができ、論理的な取り組みや理論的背景を理解することによって、人や社会に内在する「なぜ?」に対して説明ができる人材の養成を行う。
ここで養成される能力は、現代の複雑な社会におけるあらゆる分野で「地の塩、世の光」となり活躍しようとする人々にとって必要不可欠なものである。
以上の目的を達成するために、社会情報学部においては、教育研究の両面で専門領域の深化を目指すだけでなく、他の専門領域をも意識した取り組みを実践していく。

FAQ学部についてよくあるご質問を掲載しております。



学部・大学院