TOP
青山学院大学<br>地球社会共生学部教授 <br> 高橋 良輔 [Ryosuke Takahashi]

青山学院大学
地球社会共生学部教授
高橋 良輔 [Ryosuke Takahashi]

戦争と平和の思想

第3回 2018/7/14(土)

青山学院大学 地球社会共生学部教授   高橋 良輔

2018年3月、内閣府は『自衛隊・防衛問題に関する世論調査』の結果を発表しました。その調査によると、日本が戦争に巻き込まれる危険性が「ある」と答えた人の数は85.5%。いまや多くの人が、日本も戦争とは無関係ではいられないと感じています。

なるほど歴史を振りかえれば、しばしば「平和を欲するならば、戦争に備えよ」という格言が繰り返されてきました。しかしその同じ歴史はまた、自国を守ろうと軍備増強に突き進むと相手も恐怖を感じて軍拡競争に陥り、やがては両者ともに望まないはずの戦争が引き起こされてしまうという矛盾も示しています(セキュリティ・ディレンマ)。
そこでこの講義では、日々生じているさまざまな事象からあえて少しだけ距離をとり、戦争や暴力をめぐる古今の理論や思想のいくつかをたどることで、平和の可能性を探求していきます。とりあげる予定のテーマは、①戦争から生まれる秩序? ②戦争の原因はどこにあるか? ③なぜ、ひとは戦争をするのか? ④人間は悪魔か天使か? です。
 
 はじめに
 1.戦争にチャンスを与えよ!?
 2.国際関係の3つのイメージと地政学からみた世界
 3.暴力コントロールへの長い道のり
 4.天使と悪魔の綱引き
 おわりに

皮肉なことに、私たちが平和を望むほど戦争と暴力の問題に向き合わなくてはならなくなります。未来の平和を求めるためにこそ、あらためて歴史や思想から学び、目の前の事件やひとときの流行に惑わされない視点をもつ必要があるのです。

プロフィール

青山学院大学 地球社会共生学部教授
高橋 良輔 [Ryosuke Takahashi]


青山学院大学 地球社会共生学部 教授  高橋 良輔(Takahashi Ryosuke)
青山学院大学大学院国際政治経済学研究科5年一貫制博士課程 修了(博士 国際政治学)。
特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター 政策提言・調査研究スタッフ、佐賀大学文化教育学部 准教授などを経て、2015年より青山学院大学 地球社会共生学部 教授。専門分野は政治理論・国際関係思想。主な著書に、『国際政治哲学』(編著・2011年)、『国際政治のモラル・アポリア—―戦争/平和と揺らぐ倫理』(編著・2014年)、『国際規範はどう実現されるか』(共著・2017年)、『政府の政治理論』(共著・2017年)など。