公開シンポジウム「トランプ時代のアメリカ政治思想」【2017年9月15日(金)開催】



青山学院大学は国際交流基金日米センターとの共催で、アメリカ外交の伝統4類型を提唱した研究者ウォルター・ラッセル・ミード氏と、新しい保守系論壇誌を創刊しトランプ時代の政治思想形成の焦点として注目を浴びる編集長ジュリアス・クレイン氏を招聘し、公開シンポジウム「トランプ時代のアメリカ政治思想」を開催します。

トランプ政権の誕生はアメリカ国内の様々な分裂を浮き彫りにしました。いま、アメリカの政治思想に何が起きているのでしょうか。政治論壇ではどのような変化が起きているのでしょうか。その変化は、対日本・対アジア関係を含め今後のアメリカ外交にどんな影響を及ぼしうるのでしょうか。青山学院大学教員と学生が世界的論客を迎えて、有識者や一般市民と一緒に議論し、考える機会です。

 

日時 2017年9月15日(金) 18:00~20:00 (開場17:30)
場所
青山学院大学 総研ビル12階大会議室
その他 <パネリスト> 
ウォルター・ラッセル・ミード
(バード大学人文学教授、ハドソン研究所特別フェロー)
ジュリアス・クレイン
(「アメリカン・アフェアーズ」編集長)

<ディスカッサント>
中山俊宏・慶應義塾大学総合政策学部教授(青山学院大卒)

<モデレーター>
会田弘継・青山学院大学地球社会共生学部教授

主催:青山学院大学 国際交流基金日米センター

お問い合わせ 国際交流基金日米センター
TEL:03-5369-6072
Eメール:cgpc@jpf.go.jp
申込方法
下記事項を明記のうえ、Eメール にて、9月13日(水)までにお申し込みください。

申込先:国際交流基金日米センター
Eメール:cgpc@jpf.go.jp

(1) 氏名
(2) 所属(大学・学部等)
(3) 肩書
(4) 連絡先
(5) Eメールアドレス
2017.09.08