「第94回 東京箱根間往復大学駅伝競走」総合優勝(4年連続4回目)



2018年1月3日(火)、第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路が開催され、往路2位の本学は往路優勝の東洋大学を6区で逆転し、10時間57分39秒の大会新記録で史上6校目の総合4連覇を達成しました。

復路メンバー5名のうち3名が、箱根駅伝未経験者というフレッシュな布陣で臨んだ本学ですが、6区を区間賞の走りで首位奪還すると、7区は区間新記録でリードを広げ、8区でも区間賞を獲得。そのまま9区、10区とタスキをつなぎ4年連続トップでゴールテープを切ることができました。

2日間にわたって、沿道に出向いて応援してくださった方々、テレビやラジオの前で応援してくださった方々、ありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

4年連続総合優勝のゴールテープを切ったアンカーの橋間貴弥選手

6区 小野田勇次選手(経営学部3年)

7区 林 奎介選手(理工学部3年)

8区 下田 裕太選手(教育人間科学部4年)

9区 近藤 修一郎選手(社会情報学部4年)

10区 橋間 貴弥選手(社会情報学部3年)

10区 DNタワー21前での応援風景

関連情報

2018.01.03