メインコンテンツへ

もう一度、基礎から学問を

青山学院大学 社会情報学部准教授 米山 明日香

青山学院大学
社会情報学部准教授
米山 明日香 [Asuka Yoneyama]

「英語発音」の基礎:発音記号から通用性のある英語発音へ

第3回 2016/10/29(土)

日本人の多くにとって、英語の発音を向上させるのは困難であることはよく知られています。言い換えれば、日本人英語学習者の学習上の弱点は「発音」といっても過言ではありません。そもそも英語発音を向上させることは、英語話者(英語母語話者と英語非母語話者の両方を含む)と会話をするときの「自信」につながるだけでなく、英語話者の発話を正確に聞きとる(リスニング)際の重要な手がかりとなるので、外国語学習上、重要な要素なのです。したがって、「英語力」、特に「リスニング力」と「コミュニケーション力」を向上させるためには、「発音」を鍛える必要がある。

本講座では、もう一度、中学校・高校で学んだ発音記号を基礎から学び直すことによって、「正しく発音すること」を目標に発音練習を行います。

最終的には、発音記号を読めるようになり、短文を正しく読めるようになることを目指して訓練していきます。

プロフィール

青山学院大学 社会情報学部准教授、博士(文学)
米山 明日香 [Asuka Yoneyama]

神奈川県鎌倉生まれ、横浜育ち。専門は英語音声学、英語教育、発音指導、通訳など。青山学院大学文学部英米文学科を卒業後、英国University College Londonに留学し、音声学修士号(MA in Phonetics)を取得後、日系航空会社勤務、通訳者などを経験。東京外国語大学、早稲田大学などの大学講師を経て、現職。その活動は大学だけにとどまらず、現在、各種英語弁論大会審査員や、政府・世界的大企業のエグゼクティブたちの英語アドバイザー、テレビのニュースコメンテーターをつとめている。主な著書『成功する英語プレゼン』(2013年 コスモピア)、『名演説から学ぶ英語』(2014年 祥伝社新書)など。『スーパーアンカー英和辞典』『アンカーコズミカ英和辞典』(いずれも学研教育出版)の発音担当者。

大学案内