TOP

学長メッセージ〜後期授業の開始にあたり〜

NEWS

POSTED

2020.09.14

TITLE

学長メッセージ〜後期授業の開始にあたり〜

CATEGORY

2020年9月14日
学生 各位
青山学院大学
学長 阪本 浩

本日9月14日から2020年度後期授業を開始しました。
大げさな言い方が許されるなら、新型コロナウイルスと人類の攻防は長期化の様相を見せています。しかし、だからこそ本学は、コロナとの並存を図り、十分な感染予防対策など様々な工夫をしながら、皆さんの学びを止めることのないよう引き続き全学を挙げて対応していきます。

後期はオンライン授業と対面授業を併用

後期授業は、オンライン授業を基本としますが、学部・研究科の実験、実習、演習等の一部科目については、感染防止策を講じた上で前期を上回る科目数の対面授業も実施します。
加えて後期は、対面授業の前後にオンライン授業を受講できるように、青山・相模原キャンパスの一般教室の一部を開放しています。教室の開放は、対面授業のため入構する学生だけでなく、自宅等のオンライン授業受講環境が整っていない方も利用可能です。学生ポータルで詳細を確認の上、ぜひ活用してください。
また、前期のオンライン授業について、学生の皆さんを対象にアンケートを実施しました。このアンケート結果については学生の皆さんにフィードバックするとともに、アンケート結果やいただいたご意見を真摯に受け止め、後期授業がさらに充実したものとなるように努めます。
さらに、新入生の皆さんに対して、学部・学科によっては既にオンラインでの交流の場を設けていますが、今後は対面で実施することも検討していきます。

図書館等の施設利用が可能

図書館やPC教室等の施設は、引き続き学生の皆さんの利用を可能としています。入構時の注意事項を必ず確認の上、各施設のウェブサイトで利用方法等の詳細を確認し、活用してください。
入構時の注意事項や主な施設のウェブサイトについては、以下を確認してください。
9月14日(月)以降のキャンパスへの入構および施設利用について

「withコロナ」に向けて

新型コロナウイルスへの対応が今後長期的に続くことを考えると、ウイルスを警戒するだけではなく、ウイルスと共存する「withコロナ」へシフトしていかなければなりません。
今や感染の可能性が誰にでもあることは、皆さんもご存じのとおりです。本学においても、学生の学外での感染が多数報告され、学生間の感染例や濃厚接触者と指定される例も増加しています。
コロナ禍の中にあって、皆さんには、「感染しない」「感染させない」ことを強く意識して感染予防に努めることはもちろん、万が一感染してしまった場合も、感染拡大を防ぐため、責任ある行動を取っていただくようお願いします。
同時に、罹患者への差別や偏見、誹謗中傷は、絶対に許されることではありません。感染が収束することを願う気持ちは誰しも同じです。皆さんには、他者の痛みを想像し、その気持ちに寄り添っていただくよう切に望みます。

2021年度は原則として対面授業

本学の学びの真髄は対面授業にあり、今年度実施しているオンライン授業は、あくまでも緊急事態における特別措置です。
皆さんには、歴史と伝統、最先端が融合する青山キャンパス、地域に開かれた緑豊かな相模原キャンパス、それぞれのキャンパスで教員から知識を享受し、学生同士で議論を交わしながら、自身の学びを深めてほしいと願っています。
2021年度に関しては、原則として対面授業を実施する方向で準備を進めていきます。
ただし、例えば再度緊急事態宣言が発令される事態になるなど、今後の感染状況によってはその方針を変更せざるを得ないこともありますので、その点はご了承ください。

2月以降、本学は前例のない緊急事態の中で、学生の皆さん、そのご家族、教職員の命を守ることを第一に様々な決定を行い、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する社会的責任を果たす一方で、学生の皆さんからの声や関連省庁の通知等をもとに、日々状況の変化に合わせて適切な形になるようできる限りの検討と改善を繰り返してきました。今後も、初めに述べたように、本学は皆さんの学びを止めることのないよう全学を挙げて不断の努力を続けていきます。
引き続き皆さんのご理解ご協力をお願いします。

以上